水師営の別館

Twitterで呟ききれなかったことや最近気になったことを書くブログです。

わたし、うつで休職します「自立支援医療制度」

のし掛かる医療費

基本給分しか収入がない状況下、無駄遣いには細心の注意を払い、収入増にも努めているところですが固定費として避けられない医療費は大きな問題でした。毎月一万円近く医療費がかかっていることが家計簿を見ると分かりました。その負担の重さを徐々に感じ始めた8月上旬に担当医から「自立支援医療制度」を勧められました。休職して2か月ほど経過したときのことです。


私は医師から勧められる前からこの制度のことを知っていました。簡単に言えば「継続して精神科に受診する人の医療費が3割負担から1割負担になる」という制度です。医師には申請専用の診断書作成をお願いし、私は在住する自治体のウェブサイトを訪れ必要書類を確認しました。

必要書類は何か?

自立支援医療制度に必要な書類は以下の通りです。(皆さんがもし申請する場合間違いがないよう念のため居住する自治体のウェブサイトを訪れてください。)

①申請書→窓口においてあるため事前準備しなくても可
自立支援医療制度用の診断書→医師に記入してもらい、持参しましょう
③健康保険証
④所得を確認できるもの→居住する自治体に住民登録があり、窓口で確認できる場合は省略できるので不要
⑤印鑑→シャチハタ印は避けた方がよい
マイナンバーカードもしくは通知カード
⑦身分証明書→(例)免許証

申請の流れ

まず申請をするには必要書類を確認し、どこへその書類を出せばよいかを調べましょう。市役所なのか支所でも受理するのか、福祉センターの類いの施設が担当なのか各地域で異なるので書類と場所の確認を行いましょう。これが済み、担当部署が分かったら窓口の方に「自立支援医療制度の申請を行いたいのですが」と伝えましょう。


職員さんは制度や手続の進め方は把握しているので、指示に従い書類を提出したり、必要事項を記入したりしましょう。すべての手続が終わると申請書の写しなどを貰いますので必ずこれは保管してください。これは申請期間中の診察や処方の費用に関わってくるからです。

申請から認定までは時間がかかる

窓口での制度申請から認定までは2か月ほどかかると言われました。すぐには結果が示されず、これを書いている今も認定を待っている段階です。しかし窓口で貰った「申請書の写し」が1割負担になることを示す証拠となるため、申請後最初に医院を受診する際にはこれを提示しましょう。


病院や薬局によってただちに1割負担になるところと、申請が了承され「自立支援医療受給者書」が正式に交付されるまでは3割負担のままで交付後に差額を返還とするところがあるので、それに従い対応してください。また精神科や心療内科以外の診察などでは3割負担のままですので気を付けてください。

上手く活用しよう

今回の経験から改めて私は様々な公的制度は自ら動いて利用していかなければならないと感じました。申請への難しさもなく、来月には申請が認可されることかと思います。弱者や困った環境にある人への支援を最大限活用することは何ら恥ずべきことでも、ためらうべきものでもありません。

【陣風賦】R1.9.9「呆れたHulu商法」

最終回、白熱の展開が無慈悲にも途中で見られない番組がある。地上波プロ野球中継のことだ。始まりも終わりも分からぬこの番組が人気を失うのも自然なことで視聴率は振るわず、中継数も減少し、尻切れとんぼの構成はさらなる視聴率の低下という悪循環を招いている。「続きはBS、CS、ネットで」という構図が定着してしまったが、新たにドラマもその仲間入りをするのであろうか?


日本テレビ系列の日曜ドラマ「あなたの番です」の最終回に消化不良を感じた視聴者は多いはずだが、物語の核心たる殺人鬼の殺人鬼たる所以は動画配信サイトHuluで公開となった。プロローグはネット、そして続編を匂わす展開だった。


▼野球中継と同一視するのは牽強付会かもしれないが、始まりと終わりが分からず、地上波だけで完結しないその構造はよく似ているような気がする。そしてこのやり方はドラマに限らず、地上波の放送全体を埋没させないか懸念している。


▼野球中継が辿るこの図式がドラマやバラエティーにまで一般化するとコアな視聴者はネットに移行するも、ライトなファンは「見ても意味がない」と初期段階から諦めいなくなってしまう。入口の人口が減ることは市場の縮小を意味する。


▼市場の縮小は真っ先にお金のかけ方に直結する。演者、脚本、考証などの点で要するにケチ臭くなる。上記ドラマが示した手法を「Hulu商法」と揶揄するなら今後地上波ドラマに予想されるのはこのフェーズである。誰がこれを望もうか。


▼地上波放送あっての総合的メディアの活用から、動画サイトへ誘導するための「チラ見せ」としての地上波放送は公共電波の利用としても疑わしい。国民共有の財産である電波を自社傘下の宣伝ツールに使われては私利私欲による独占だ。


▼ネットの下請けになればテレビが果たしてきた役割と地位は失われ、まさに自殺的行為だ。一ドラマを見て感じたテレビっ子の憂慮は杞憂に終わってほしいがHulu商法の加速には懲り懲りである。

【陣風賦】R1.8.23「GSOMIA破棄と日本」

この驚きと失望をいかに表現すればよいか。韓国政府は22日、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を発表した。先般、日本政府より発表された対韓輸出管理の見直しが原因とのことだ。しかし自らが招いた災いを責任転嫁した上、安全保障においての連携すら拒否するという始末だ。愚かな判断と言う他ない。


歴史認識や領土問題で常に対立と対話を繰り返してきた日韓関係だった。しかしながら大局的判断より譲歩を重ね、東亜の保全と平和のため我が国は進んで援助と協力を行い関係構築に向け歩んだ。


飴細工でできたかのような不安で脆弱な関係でありながら、実務者レベルから連携を充実させてきたのが安全保障分野だった。その分野にて破滅的選択がなされたことの意味を強く受け止めたい。


▼この対立に米国が懸念を示すのは最もだ。米国の同盟国同士が対立を深め、地域の安定が乱れるからだ。とはいえ一方的に破棄を通告され、なり振り構わず対日強硬路線を取られてはなす術もない。


▼虚を突かれた破棄だが、誰が困り誰が笑うかを想像すればよい。北朝鮮の脅威と微笑む中露の姿を思うと、情報共有を失い、国防と外交の大方針も迷い狼狽する彼の国とその民の未来が予期される。


▼我が国はこの暴挙に動揺し譲歩することなく不動の姿勢を取るべきだ。安全保障の意義を説き、自省を促し、正道に戻ることを求めるだけだ。三国による連携が崩れ去ったことは大変遺憾だが、地域の情勢は油断を許さない。今や防共の最前線は日本だ。日米の強い同盟によってその護りを強固にしなければならない。


アンケートモニター登録
(お小遣い稼ぎのためにぜひマクロミルのアンケートサイト登録してみてください

【陣風賦】R1.8.13「大竹寛100勝」

古巣の本拠地マツダスタジアムで達成した記録は感慨深いものと語った。12日の広島戦にて巨人の大竹寛は5番手として登板し、今季3勝目を記録。同時に通算100勝目を達成した。6回2死満塁から登板した大竹は無失点に抑え、チームの5連勝と苦手な広島戦の初戦を勝利に導いた。


▼2014年に巨人にFA移籍して以降、苦しいシーズンが続いた。移籍後、二桁勝利は一度もなく、昨季にいたってはわずか一軍で2試合の登板に終わった。シーズン終了後には自由契約も覚悟していたというが、新たに率いることになった原監督の方針により契約続行となった。


▼切れ味あるシュートとブレーキの効いたカーブ、チェンジアップのコンビネーションが持ち味の彼だが、先発時代は中盤にどうしても燃料切れとなり打ち込まれることが多かった。先発としてはスタミナ不足が否めない印象があったが、今季中継ぎとして投球が光っている。


▼強みである制球力は、走者を抱えた展開や四球を出して嫌な流れを作りたくない状況での登板に好都合だ。また先発として投げきるほどはいかなくとも、回跨ぎやロングリリーフは可能であり終盤戦の中継ぎ陣を救う存在として期待大だ。


▼すでにプロとしてベテランの域に入った大竹だが、中継ぎとして短いイニングに力を注ぐとまだまだ威力十分の直球がある。先発としては厳しいのかもしれないが、中継ぎという新たな道でもう一花咲かせるのではないかと見ている。


▼逆転されそうな試合を逃げ切れたことは選手たちに自信と活力を与えたことに違いない。接戦や短期決戦にはベテランの技術と精神力は必要である。大竹の出番はこれから増えそうである。次の101勝目が早く来ないかと楽しみにしたい。


アンケートモニター登録
(お小遣い稼ぎのためにぜひマクロミルのアンケートサイト登録してみてください)

わたし、うつで休職します「家族に伝えて」

家族に休職を伝えた

休職から2か月が過ぎ、今は高校野球が始まったことから朝から晩まで野球三昧の日々です。近況はそんな感じですが、そろそろお盆の時期がやって来ます。このお盆前後には毎年実家に帰省していますが、今年はうつを患い、休職中という大きな状況の変化を抱えています。しかしその事についてこの最近まで両親に伝えていませんでした。


本来なら休職を開始した5月末から6月上旬には伝えるべきでしたが、その頃は心身ともに消耗し、冷静に事情を述べることができませんでした。また、何度か連絡する機会はあったものの時が経つにつれて言いづらくなり、いよいよ帰省前という段階まで黙ったままでいました。精神的なことで休職してしまうことへの言いづらさや負い目があったからです。


2か月遅れの報告

それでも帰省前に事実を伝えなければと思い、先日ついに電話をしました。平日の夕方に電話をしたので出たのは母親でした。まず最初の反応は、なぜこの時間帯に電話をかけてきたのかという驚きでした。働いているものだとこれまで思っていたから当然の驚きです。私は単刀直入に「会社を休職している」と告げ「うつで休職している」と説明しました。


ここでありがたいと思ったのは母親からなぜ休職してしまったのかとか何が原因で休職したのかについて詮索されなかったことです。概要はともかく詳細は直接会って話した方がいいからです。仕事や職場での負荷が重なり休んでしまったとだけ伝えました。ただ聞き役に徹してくれたことも話しやすかったです。しかし不安な様子は声からよく分かりました。


不安の解消にだけ努めた

詳細は帰省したときに伝えることにし、休職中何をしているかを中心に話しました。体調が優れないときは家でいることや週一で通院していること、友人とは会っており孤立はしていないことなど、置かれた環境が孤独ではないことを強調しました。また経済的な問題はないことも重ねて強調し、生きていることへの確かな信頼だけは得られるようにしました。


長く話しても辛くなり、会話にならなくなってもいけないので休職という事実と症状や日常生活の概要、そして孤立していないことを述べ、父親には帰宅次第伝えるようにしてもらいこちらからの電話は終了しました。夜、父親から電話はありその旨を理解してもらい、事情については後日帰宅したときでいいから、今はゆっくり休むようにと言われました。


もっと早く言えばよかった

両親からの反応は温かく、帰宅を待っているというものでした。働いているふりをして実家で過ごすより、正直である方が私としても心が楽になります。もちろん言ったところで怒られたり、批判されたりするという懸念は一切ありませんでしが、人情として言いづらかった、隠してしまったという気持ちがありました。でも伝えてよかったと思います。


この家族への告白は、親子関係や精神病への理解に左右するもので、これが正解というのはありません。しかし我が家の場合は優しく迎え入れてくれました。ある程度、私自身の言動から精神の不調を予期していたのかもしれません。一般的には家族は一番の味方です。きっかけは何であれ伝えることは重要なことであり立ち直りへの大きな一歩となりました。帰省で生活リズムも整えたいです。



休職中のお小遣い稼ぎに役立ってます。ぜひ皆さんも始めてみませんか?ここからクリックして登録してみましょう!

アンケートモニター登録