水師営の別館

Twitterで呟ききれなかったことや最近気になったことを書くブログです。

【陣風賦】R2.3.30「現金給付が欲しい!」

友人とネット回線を使い話をすることがある。先日はコロナ禍に伴う自民党の経済対策が主なテーマだった。ある友人は「すでにお金を最低でも5万円くれる前提で家計をやりくりしている」と発言した。その場では安直すぎるよとたしなめられたが、現金給付されるかもしれないと期待を寄せている国民は多いはずだ。


▼しかし現実は所得制限や所得が急減した人に限定と一定の線引きをするため、その彼含め独身、若者、サラリーマンという属性の我々が貰えるかは不透明な状況だ。この他にも約5000万世帯のうち約1000万世帯を対象にする案など議論が定まっていない。


▼経済対策の第一の矢として現金給付を打ち出すことには賛成したい。明日の生活を保障し、個人の所得を保障するからである。時間給労働者が増えた現下の情勢では現金給付で当座の資金減を補う効果もある。一人あたり10万円との案があるが最低限欲しいラインだ。


▼しかし貯金に回るとの指摘もあり、商品券案も出ている。商品券案は一見貯蓄に回らず、消費に向かい良さそうに見えるが、生活保障という観点と商品券の印刷経費や日数、事務経費がかかるというデメリットがありスピード感に欠ける。今、求められているのはやはり現金だろう。


▼現金給付は世界各国で予定されており米国では大人は12万円、子供は5万円支給されるとのことである。リーマンショック以上の危機に際して果たして日本はどれだけ支給することができるのか。それ次第では一票の行く末は変わっていくと申し上げたい。

20代からの早期リタイア計画「続・コロナショック」

止まらない株価下落

株価の世界的下落が止まりません。ついに予期していた日経平均株価の2万円割れもおきてしまいました。持っている株の評価損はどんどん拡大し、マイナス20~30%という損失になっています。見るも無惨な数字ばかりですが損切りはせずこのまま塩漬けしたいと思っています。


高配当株や株主優待目当てで購入したものがほとんどであり、そもそも余裕資金で買ったことから慌てて現金化する必要はないと考えているからです。数字上の損失が拡大していることは正直つらいところですが、今の情勢を見て動くことはできないと判断しました。当面乱高下することが予想されますが来月まで続くだろうと見ています。


逃した魚は大きかった

この荒れた市況の中で私は物流系のREITを購入しました。コロナウイルスの影響を受けないのか徐々に評価益が拡大し、プラス8%の利益が出ました。しかし欲が出て、売らずにもう少し利益を得ようとして持ち続けてしまいました。その結果、全面安の煽りを受けREITの価格は下がり、今では評価損となってしまいました。


欲を出さず、あの時に利益確定していればと後悔していますが、時すでに遅しです。個別株でも早めに利益確定していればと思っているものがあり失敗したなと感じています。今となっては逃した魚は大きかったと感じていますが、再び利益が出る日を待ちたいと思います。


当面はアンケートサイトで頑張る日々

収入源の一つが絶たれてしまいましたがこれにめげずしばらくはアンケートサイトでのポイント収入に注力したいと考えています。今月、3月の収入は1万2千円となっており、まずまずの結果を得られたと思っています。来月も1万円得られる見通しがついたので地道に稼いでいこうと思います。


アンケートサイトでのポイント収入は損失がない安定財源となっています。休職中の生活費の足しになってきました。引き続き時機を逃さず答え続けていくしかないと考えています。


早く収まれコロナウイルス

大好きなプロ野球の開催は延期となり、センバツ高校野球は中止となってしまいました。花見も自粛が要請され楽しみが日々失われている状況です。経済活動の停滞は日本経済の沈没を意味します。先行きの見えない中で光明を見いだしたいところですが、日本国内での感染者数はまだ減っていません。


発症源である中国では感染者数が減ったと言いますが、欧米での感染拡大が生じており長期化は避けられないでしょう。早く収まれと願うしか今はできませんが元通りの日常が取り戻されるまでの辛抱だと頑張りましょう。

【陣風賦】R2.3.5「日向坂で会いましょうを見て」

家のハードディスクには録画したはいいもののまだ視聴していない番組が数多く保存されている。「日向坂で会いましょう」の初回放送もその一つであり、先日たまたま過去に振り返って見ることにした。


▼放送は日向坂46の前史「けやき坂46」時代を振り返る内容であり、そこにメンバーのエピソードトークを挟むという構成であった。その番組を見て私の印象に残ったのはバラエティー番組らしくボケを連発し、収録を盛り上げようとする「卒業メンバー」の姿だった。


▼自称おひさま*1の私にとって特段思い入れのあるメンバー、少なくとも贔屓はしてなかったが、アイドルのバラエティー番組にとってボケを繰り出し、声を出す存在は番組にとって貴重な人材ではなかっただろうか。MCのオードリーも話を振りやすかったことだろうし、私には活躍するその姿がどうしても忘れられなかった。


▼アイドルには御法度の男女交際が原因で卒業を余儀なくされた形だが、それでもなお惜別のツイート*2を送った共演者もいた。番組演出や構成において悔やむべき人を失ったと言ってよいだろう。そう思いながらも私はリアルタイムで見た彼女のいない最新話を思い起こした。


▼いなくなればいなくなったで番組は何事もなかったかのように成り立っているのだ。それに各メンバーのバラエティースキルはめきめきと上達している。日常とは誰かが欠けても当たり前のように展開されるのだと痛感させられた。「代わりはいくらでもいる」という言葉もあるがそれは決して日向坂だけでなく社会の中であってもそうだし、組織が前進していくためには避けがたい感覚を表しているのだと悟った。

*1:日向坂46のファンの意味

*2:密かに復帰を楽しみにしてたんだけどな。不器用でも懸命に頑張る君の姿は日向坂の象徴だったと思うよ。LIVEでのソロダンス、場内のどよめきと盛り上がりは凄かった。新しい道を進もうとも、君の不器用なパワーは無敵だ。頑張れ。※一部抜粋

20代からの早期リタイア計画「コロナショック」

猛威を振るうコロナウイルス

国内感染者数が増加の一途をたどっています。ご承知の通りコロナウイルスは日常生活にまでその影響が及び、スポーツや文化行事の延期や中止、小中学校と高校の休校など多岐にわたります。その他デマから始まる買い占めも生じており混乱が止まりません。


私自身観に行こうとしていたプロ野球・オープン戦が無観客試合となりました。娯楽がウイルスによって奪われたことは大変残念ですが、感染者を生まないためにも仕方のない判断だったと思います。そして何よりも個人的に衝撃的なのは株価の下落です。保有する株式の株価のマイナス幅が拡大する一方で、日に日に資産が減っていっています。


資産が減っていく

今週だけで日経平均株価は2000円以上値下がりしました。これはリーマンショック以来とのことです。私もその影響が直撃し、株式の評価損が十万円を超えました。どうすることもできずただ減りゆく数字を眺めるばかりで、いつになったら収まるのかと思う日々が続いています。


ここは損切りせず、長い目で見て対応すべきと考えています。一喜一憂して株を慌てて買ったり、売ったりすることは懸命でないと判断しました。実際、長期保有すればするほどリターンが大きくなると言われていますし、コロナショックが沈静化すれば再び市場は活況を取り戻すだろうと見ています。


3月も値下がり必至か

とはいえ短期的な数字の上がり下がりは気になるものです。残念ながらコロナウイルスの問題は深刻で3月もその余波を市場は受けると考えています。第一に新型肺炎の感染者数が世界的に減っておらず拡大傾向にあること、第二に有効な治療法が確立されてないこと、そして消費税増税から日本国内の経済情勢が下方局面にあることです。


一時的にではあれ日経平均株価の二万円割れも覚悟しています。日銀によるETF買い入れもむなしくそんな危機的な場面に出くわすかもしれません。政治的には安倍政権の経済政策に疑問符がつけられるのは必至で、追加の経済対策が求められることになるでしょう。香港や台湾では財政出動が取られています。日本も見習い、国民生活に寄り添った公的支出が求められるでしょう。


積極的な財政出動

各種行事の延期や行楽の中止が重なり経済活動の停滞につながっています。感染予防のためにやむを得ない部分もありますが、共働きの家庭や非正規雇用の人、観光地などでは負担が大きくなっています。こうした人々を救う仕組みや財政的カバーを強く望みます。政治に求められるのは責任ある対応です。この国難に真剣に向き合い、対処されることを強く望みます。

【陣風賦】R2.2.22「消費税増税と安倍政権」

景気は「緩やかに回復」していると月例経済報告で発表したが果たしてそれは本当なのだろうか。そう思わせる経済指標が次々に発表されている。今年度の10月~12月期の実質国内総生産(GDP)は前期比年率6・3%減の大幅なマイナス成長だった。これは今、問題の新型肺炎を想定していない。このままだと次の四半期もマイナスと予想される。


▼暖冬や大型台風の直撃が影響したとのことだが、消費税増税が影響したと言わざるを得ない。経済政策の失敗が原因であることを自覚すべきだ。特に個人消費と設備投資が振るわなかった。消費を冷え込ませるとの事前の警告もむなしく断行されてしまった増税インパクトを政府は真剣に捉えているのだろうか。


▼「日本を取り戻す」とのキャッチコピーの下、政権交代を果たした安倍政権だが、政権奪還の原動力は魅力的な経済政策だった。大規模な金融緩和、機動的な財政出動、そして成長戦略の三本の矢はデフレと円高にあえぐ日本経済に大きな刺激を与えた。


▼それから7年が経過した。実際に行ったのは二度の増税である。確かに金融緩和は実施されているが、この増税では効果を打ち消すのも同然だ。後世の人たちからは増税を繰り返し、景気回復の芽を摘んだ内閣だと認識されるに違いない。


▼長期政権の終わりは桜を見る会でも検事長の定年延長問題でもなく経済政策における失政ではないだろうか。多くの国民の期待を裏切ってなお回復にあると強弁するのは無理がある。このままでは太平洋戦争時における「大本営発表」と一緒である。戦局を誤り、現実を直視しないままの誇張は破滅を招く。