水師営の別館

Twitterで呟ききれなかったことや最近気になったことを書くブログです。あと早期リタイアを夢見て入社1年目から少しずつ準備しています。

20代からの早期リタイア計画「早期リタイアを目指すに至った経緯」

これまで書いてなかったこと

早期リタイアを実現するために節約の仕方やお金の使い方、我々世代の生き方などについてこれまで書いてきました。しかしなぜ早期リタイアを目指すに至ったかについては書いてこなかったように思います。一年間を振り返り、それらを整理してからその経緯を書こうと思ったからです。ようやくその用意が終わり文字に表すことができたと感じています。


私自身これらを顧みると不運だったなと思うこともありますし、生来のマイナス思考も災いして未来に期待を持てず悩ましい日々を過ごしています。漠然とした悲観論とどう向き合い、処理していくべきかが私にとっての重大な課題となっています。文章を読んで「甘いなあ」と思うのも結構、「私も」と共感してくれるのも結構ですが、これが紛れもない今の気持ちであることを宣言します。


配属約50日で教育係が休職

会社にはいわゆるメンター制度とかブラザー・シスター制度などが存在はしませんが、業務や社内慣習などを教えてくれる人が私にはいました。便宜上教育係と呼びますが、少しずつ教わりながら仕事をしていました。教わり、真似をしながらの日々でしたが、ある日より会社に来なくなりました。それから数日後、上司から「彼は休職した」との報告がありました。


今も復職できず、丸一年休職していることになります。その人から「今の業務は向いてない」と一度聞いたことはありましたが、心を病むほど負担であったと衝撃を受けました。同時にこの出来事から徐々に不安が増大し、労働への恐怖を感じるようになりました。多少は意気揚々と社会に出た新人の隣で、休職者が現れたことへのフォローの一つすらなかったことは今も忘れることはできません。


給料と能力に見合わぬ負担の蓄積

その後、別の先輩社員(休職した人よりも年上)の人に教わりながら働くことになりましたが、人員減の状況を支えるために私が主担当として行う仕事も出てきました。しかし、だからといって給料が当然増えるわけでもなく負荷だけが増えるようになりました。要領良くできるタイプではありませんが、この非常時乗り切って何とかしようと思いました。


そんな状況を過ごして3か月ほど経った頃、ついに緊急事態は終了しました。人手不足を補うために会社が派遣社員を呼ぶことにしたのです。触れ込みでは今の業務の「経験者」ということでしたが、現実はそれを裏切るものでした。実際は新卒で入った会社はブラック企業、転職先もブラック企業、フリーターを数年やった後に、私の勤め先にやって来たという能力に疑問符のつく人物でした。


今度は私がちょっとした教育係に…

待遇の悪い環境にしかいなかった人を仲間に入れ仕事をしたことも思えば不幸の始まりの一つだったと思います。能力や工夫ではなく、残業で何とかしようとする態度が顕著で正社員の私よりも労働時間が長い月もありました。こんなことを書けば傲慢かもしれませんが、記憶力や読解力の乏しさ、そして労働法に対する知識のなさも酷く、非正規で人員を補うことの弊害を強く感じました。


自分が覚えることで精一杯であるにもかかわらず、この非正規が入ったことにより私は業務の概要や会社の備品、システムの利用方法などを教えるよう言われました。なぜ私がそんな教育係的役割を担わなければならないのか不満を抱きましたし、彼の不始末が原因で私が注意されたことも理不尽に感じました。「こんなこと私の仕事じゃない」と。


昔人間しかいない部署環境

業務量の多さを申告しようにも上司や年齢の離れた先輩は昔人間であり、それくらいやって当然と考える節があります。しかし昔以上の仕事の密度で、昔より少ない手取りで、昔と同等の忠誠心を示せと言われても誰が納得して働けるでしょうか。馬鹿馬鹿しい、コスパの見合わない行為ですし、仮に私を自分と同じような仕事人間にさせたいならもっと別の人間が適しています。私は嫌です。


早期リタイアするまでもなく、見切りをつけて自分が関心のある道に進んだ方がよいのかと感じるようになりましたし、健康、特に心の健康を思うと今の環境は適していないとすら感じます。「隣の芝生は青い」だけかもしれませんが、残業も少なく、コミュニケーションが取りやすく、トゲのある言葉も言われない環境がすぐ近くにあるなかで私だけ損をしているとまた心が疲れてしまいます。


とにかくお金を貯めて選択肢を広げること、これは喫緊の最重要課題として取り組んでいきたいと思っています。

20代からの早期リタイア計画「『懲役40年』を迎えるあなたへ」

「懲役40年」という皮肉

明日からは新年度となります。そして大学を卒業された皆さんの多くは就職し、入社式を迎えることでしょう。期待に胸を踊らせる人もいれば、不安や憂鬱の心境をもって過ごしている人もいることでしょう。特に後者の気持ちを表したものとしてネット上では「懲役40年」という言葉もあります。社会という名の牢獄に収監され、ひたすら刑務作業という名の労働を行う様を揶揄するものです。


もちろんこれを否定し、反論する人もいますが、一年働いて感じたのが懲役40年と言われて妥当な場面が随所に存在するということです。そしてそう言わせたくなる経済的、社会的要素もあります。定年延長や高齢者雇用などが推進されており、もはや「懲役50年」どころか「終身刑」になりそうな社会情勢ですが、この環境を思うと今の若者世代に思惑通り働いてもらうことは不可能だと思います。


でも本当に懲役40年なの?

増税社会保険料の負担増による所得減少、相変わらずの長時間労働、失われつつある年功序列賃金や終身雇用、一方で大きくなるばかりの仕事の密度と今と昔を比べて「お金」と「見返り」に関する点では悪化しているのが現状でしょう。これを私は「老いる国での報われない労働」と考えます。


失業や過労による心身の故障も増加するでしょうし、嫌気が差して自主的に労働から退場する人も増えることでしょう。その一つの現れが私が目標としている早期リタイアです。40年働くという前提を疑い、働かなくても生きていける枠組みを築く、そんな道もあるということを忘れないでほしいです。もちろん理想は好きなことを仕事にすることでしょうが、なかなか叶わないのが辛いところです。


人生は一直線のレールじゃない

早期リタイアという目標を掲げて、たくさん貯金をして早めに「出所」するというのも一つの方法でしょうが、それ以外にも懲役40年を避ける方法はあると思います。「学び直し」はその一つの例でしょう。会社を辞めたり、休職したりして仕事から離れて勉学に励むことも選択肢に入れていいと思います。良くも悪くも終身雇用は崩れ、切れ目のない経歴というものも少なくなるからです。


いい大学に入り、いい会社に入り、定年退職まで働き続けるという直線的人生を送ることが社会的にも、精神的にもきつい時代になったかと思います。早期リタイアで労働というレールを短くする、学び直しで違うレールに進む、転職ももっと当たり前の時代となる、これらを頭に入れると少しは気持ちが楽になると思います。いずれにせよお金は必要ですから若いうちから貯蓄に励んでほしいです。


お金と思考があなたを支える

研修が終わり、配属されて以降、社員それぞれの性格や傾向が見えてくると思います。その中で中高年世代の仕事への熱心さや会社への帰属意識の高さを感じることもあると思いますが、我々世代がそれを真似しても大抵の場合報わることはないと認識した方がよいでしょう。お金の面でも、雇用の面でも労働者の「奉公」に応える「ご恩」を若者に提供する会社はほぼないからです。


我々世代は多かれ少なかれそうした現実を認識しながら働くことになるでしょうが、その一方でまだまだ古い価値観が残存している時代でもあります。それに抗えず強いられることもあるでしょうし、それに従ったところで得られる幸せもないと分かる板挟みに悩まされることもあるでしょう。その時、自分の出処進退を支えるのがお金であり、生きる指針を支える思考だと思います。


このお金と思考のヒントとなれるブログを新年度も書いていきたいと思いますし書くことで私自身も考え直すきっかけになれればと思います。
新たな人生の船出おめでとう

20代からの早期リタイア生活「年金機構の炎上から思うこと」

年金機構の「炎上」

企業アカウントの難しさというよりもセンスのなさを露呈した「ガチヤバイ!?リアルガチでヤバイかも!?」から始まる日本年金機構のツイートは一日で削除されてしまいました。しかし消せば増えるのネットの世界、いまだに鎮火には成功していない模様です。


ねんきんネットで自分の年金記録が確認できることをアピールしたかったのでしょうが、重い社会保険料を負担しながらも将来の受給を不安に感じる若者相手にこの表現はあまりにも他人事すぎます。そもそも年金記録が消えたかどうかというより、現在の受給想定額や受給開始年齢が消えるかどうかという不安が大きい世代に対してこの広告は煽ってますし、リサーチ不足だと思いました。


「報われない感」は年金だけじゃない

我々世代にとっても年金とは「これだけ毎月払っているのに貰える額は少ないんだろうな」「65歳からではなく70歳から貰うことになるんだろうな」と負担だけ大きく、損をするのではないかという見方があります。しかしこの負担だけ大きく損をするという「報われない感」は年金に限らず様々な点で若者に無力感や諦めを与えているのではないでしょうか。


給与は最たる例でしょう。過去数十年間初任給はほぼ変わらない一方で社会保険料は上がるばかりです。消費税も上がりましたし、今秋には再び消費税増税が予定されています。もちろん年功序列の賃金体系で少なかった給与分を中年期に取り戻せばいいのでしょうが、実力主義の名の下、若手や中堅世代の賃金カーブを下げる企業は増えています。


自分の会社は「実力主義」ではないと思う人も他人事ではありません。若いうちは年功序列制度を支えるために安く働かされても、自分たちが年を取ったときにその恩恵に預かれる確実性を証明できるものが今の日本経済にはないからです。いきなり別の賃金体系を用意され、給与が前の世代に比べて伸びないまま40~50代を過ごすリスクがあることを認識した方がいいでしょう。


斜陽の国で働くという憂き目

給与は増えない、税金や社会保険料は増える、今の負担や苦労は報われないという事実や感覚が日増しに強くなっていることは残念なことです。しかしそれを食い止めよう、改善しようという政策の気配すらなくむしろ負担が増えたり、国民をしばきあげたりする方向にもっていこうとすらあります。(自分で自分の国を追い込んでいるとは分からずに突き進むその姿勢は私には到底理解できませんが…)


報われないという感覚の中、毎日を働いたり、税金を納めたりするということは大変苦痛なことです。かといってそうした憂き目が中高年世代に広く理解されるわけもなく「なぜお金を使わないのだ」や「そんなに貯めてどうするの」と的外れなアドバイスを聞かされるだけでしょう。

損する枠組みといつまでもいられない

個人でできることはした方がいいでしょうが、国家としてなすべきことを構想したり、提議したりすることが忘れ去られた社会はますます個人が生きづらくなる社会になると思います。この酷な環境に対して自分でできることとして早期リタイアを目指してはいますが、いかに誰かに損失や報われなさが集中しないような枠組みを築いていくかが求められます。


今のままだとますます経済情勢は悪化し平成を覆ったデフレから脱却できないまま新しい時代を過ごすのではないかと思います。報われない社会の枠組みから抜け出し、安らぎのなかで生きたいと願う人が増えそうな気もします。お金よりお休みがほしいと願う若者の多さはその一つかもしれませんね。

20代からの早期リタイア計画「財形ってどうなの?」

財形貯蓄やってますか?

どうすれば一日も早く早期リタイアできるか、どうすれば資産が増えるかを毎日考えている水師営です。ただどう頑張っても年度末までに貯まりそうなのはこれだけという現実にも直面しています。この結果については後日公表することとします。


さて今回のお題はずばり「財形」です。正式名称は「勤労者財産形成貯蓄制度」ですが、一般的には財形と呼ばれています。詳細については検索していただきたいですが、簡単に言えば毎月の給料から自分が指定した額が天引きされてお金を貯める制度です。単なる貯蓄目的である一般財形、住宅購入や修繕・リフォーム目的である住宅財形、将来の年金目的である年金財形の3種類に分かれます。


貯金が苦手な人にはオススメ

そもそもこの財形は会社の制度として存在しなければ利用できないものです。大企業になればなるほど導入している傾向があるため春から就職する人や、就活をする人にはぜひ確認していただきたいと思います。この財形のメリットは、自分の口座に給料が入金される前に確実に貯金できることです。ついついお金があれば使ってしまう人や計画的に貯金する経験がない人にはオススメでしょう。


当たり前ですが手取りが18万円で毎月1万円財形貯蓄をしているとすると、口座に振り込まれるのは17万円となります。強制的に17万円の中で支出のやりくりをしなければならなくなり、自動的毎月1万円貯金できることになります。しかし計画的に貯金できる人にとってはメリットの薄い制度かもしれません。それは次の理由もあるからです。


金利に大きな期待はできないが

財形というものは会社の協力があって成立するものであり、各金融機関の財形口座を開設して行うため、金利は限りなくゼロに近いのが現状です。大手都市銀行金利は0.01%であり、これならネット銀行の定期預金に預けた方がはるかに得です。このような条件なら利用しない方がいいで結論づけられるのですが、勤め先によってはそうとも言えない場合があります。


会社によっては財形につく金利にさらに追加して金利を拠出する場合があるからです。私の勤務先は財形貯蓄には0.4%の金利を、住宅、年金財形には2.5%のそれを負担してくれます。特に後者の数字は魅力的であり、ノーリスクで毎年2.5%増えていくことは頼もしい限りです。私は一般財形と住宅財形の口座を作り、住宅財形については将来の実家修繕用に蓄えています。


財形給付金があれば申し分なし

さらに「財形給付金」という制度が社内にあれば、皆さんの財産形成の強い味方となります。これは労働者の財産形成を促進するために企業が毎年一定額を労働者に拠出する制度です。(詳細は厚労省のサイトで)そしてこの毎年の拠出額は7年経ってから初めて労働者に支給することになり、手にすることができます。


7年に一度なので時間のかかるものですが受け取るその給付金は一時所得として非課税となり、ノーリスクで手に入れることができます。一つの会社で長く勤めようと(して早期リタイア)する方にはおすすめの制度です。もちろん財形制度があり、財形給付金制度もある会社でないと利用できませんのでよく確認していただきたいと思います。


結論としておすすめできるかできないかは各企業の制度の内容次第というところであり、ノーリスクを最重視する方にはおすすめの制度でしょう。コツコツ増やしてぜひ若いうちから資産を形成していきましょう。

20代からの早期リタイア計画「今の20代は本当に死ぬまで働くのか?」

60代社員の言葉

先日、社内の食事会にて60代の社員の方とお話する機会がありました。違う部署ということもあり、普段は話す機会がありませんでしたが、会話は盛り上がり楽しい時間を過ごすことができました。その会話にて「君たちの時代は僕ら以上に働くんじゃないかな?70歳とか75歳とか」との言葉が。早期リタイアを志す私にとって、それはまさに絶対に避けたい運命の一つでありました。


しかし現在のシニア世代にとってみては自分自身が長く働くこと、そしてこれからの世代がもっと長く働き続けるということはごく自然な発想かもしれません。仕事人間で生きてきた過去、テレビで叫ばれる「生涯現役」や「人生百年」がそうさせているのでしょう。そして若い人の中にも老いても働くことは「仕方のないこと」と捉え始めている人が一定数いることはネットを見てて感じます。


「仕方ない」でいいの?

もちろんこのブログは早期リタイアを目指すために存在しています。どうすれば早く自由に過ごせるかを考え、発信しているブログです。元気な時代を労働で終え、ようやく解放されたと思いきや老化や介護で支えられる人生をとにかく避けようとして、自分なりに考えたり、実行に移したりしています。そのような中で「仕方ない」という言葉は思考停止以外の何物でもないと思います。


仕方ないは便利な、都合のいい言葉であり立場です。自分以外の事由に問題があるとしながらも、それを解決する力も案もなく、自らの責任によらず現状を把握し肯定することができるからです。しかしながら何でもかんでも仕方ないで押し通せば自己がむなしくなり、主体性、主観性のない自己ができあがってしまいます。これでは将来への不安やリスク、アクシデントに対処する力が伸びません。


今と昔は違うのだから

働けば毎年給料が増え、可処分所得も増えていった時代は働けば働くほど報われる時代であったと思います。しかし今や給料の伸び率は低迷し、仮に増えたとしてもそれ以上に税金や社会保険料が伸びる現実があります。それらを無視して無理なローンを組んで家や車を昔のように買うことは無謀な行為でしょうし、旧世代の真似は経済的困窮を招きかねないと言えるでしょう。


あくまでも自分の所得と環境を正確に認識した上で消費や投資への配分を決めることが70歳まで労働を避ける第一歩だと思います。要は「考えろ」ということです。もちろん好きを仕事にできている人は思うままに働けばいいでしょう。お金のため、生活のために働く私のような若いサラリーマンである場合には回避できる術や策を考えてみてはいかがかと思います。


20代から考えることがカギ

しばしば「20代は自分に投資しろ」とか「貯金なんてするもんじゃない」ということを言う人がいます。しかしそれはお金が増えていく時代だからこそ通用した考えです。各自の収支状況に応じて貯蓄すべきですし、自分にではなく株式や投資信託などに投資した方が中長期的に見ればリターンが大きいように思います。(これはまだ私も行っていませんが…)


考えるために知識を得ることも大事ですが、ぜひ友人とお金や年金、税金などの話をしてみてください。新たな知見や同世代の感覚を把握する機会にもなるでしょう。お金の話をするのはよくない、投資をするのはよくないというのも昔の価値観です。諦めは将来を不利にさせ、過去の価値観に縛られることは死ぬまで労働につながりやすいということを結論に今回のブログを終えます。