水師営の別館

Twitterで呟ききれなかったことや最近気になったことを書くブログです。

コラム(社会)

【陣風賦】R1.12.12「若者と忘年会」

忘年会シーズンが到来したがネットでは「忘年会スルー」という言葉が話題になっている。先日はテレビのニュース番組でも見かけた。会社の忘年会に参加しないことを意味するようだ。 ▼可能なら欠席したい、すでに欠席してしまったという若者世代の意識の表れ…

【陣風賦】R1.10.8「出生数90万人割れか」

近所の公園で野球をする少年たちを見かける。子供の野球離れという声もあるがこの近辺ではまだまだ大丈夫そうだ。しかしそんな子供たちの声もいずれ聞けなくなるかもしれない報告が入ってきた。 ▼厚労省がこのほど発表した人口動態統計の速報値によると、201…

【陣風賦】R1.9.9「呆れたHulu商法」

最終回、白熱の展開が無慈悲にも途中で見られない番組がある。地上波プロ野球中継のことだ。始まりも終わりも分からぬこの番組が人気を失うのも自然なことで視聴率は振るわず、中継数も減少し、尻切れとんぼの構成はさらなる視聴率の低下という悪循環を招い…

【陣風賦】R1.8.6「手取り23万円とクソリプ」

Twitterのタイムラインを見ているとフォロワーのツイートに限らず、リツイートも回ってくる。その多くは数千、数万とリツイートされたものだ。このリツイートを見ると同時に私はリプライも見るようにしている。大衆を引き付ける文章に大衆はどんな反応を示し…

【陣風賦】H30.12.24「少子化への諦念」

浮いた話が自分やその周囲で起きることなく今年も終わろうとしている。家と職場の往復、時々学生時代からの友人と飲み会という日々が続けばそりゃそうだろうと納得してしまうのだから仕方ない。そんな男女が増える一方だからなのか、今年の国内出生数が過去…

【陣風賦】H30.11.25「大阪万博招致決定」

人は過去の成功体験を忘れられず、それを再び繰り返そうとすると言われる。世代論においてしばしば取り上げられることだ。時は流れ、価値観や環境も一変する中で同じ方法が成功するとは限らないにも関わらず固執してしまうのも人間の悲しい性なのかもしれな…

【陣風賦】H30.7.21「酷暑に思う」

猛暑というより酷暑だ。そう思わせる7月の暑さだ。各地で猛暑日の35℃を越す気温を記録し、亜熱帯の国・日本と言う他ない。屋外で仕事や活動をする人は日陰で適宜休憩し、水分と塩分の補給は欠かせない。そして室内でいる人はエアコンを使いこの高温多湿から…

【陣風賦】H30.5.27「不思議な世界の危機管理」

まさか彼女が… 国民的アイドルグループの人気メンバーに出たスキャンダルに多くのファンがそう感じたであろう。控え目で、大人しい性格という印象は一夜にして壊されてしまった。 ▼報道から1週間、世間を騒がせるかと思いきや、世間は日大アメフト問題に関…