水師営の別館

プロ野球・時事評論・就活・身の回りを中心にあれこれ述べるTwitterのスピンオフ的ブログ

見なかった月9ドラマ

1月期のドラマも終わり、しばらくは特番の連続という日々になりましたね。私は4作ドラマを見ましたが、どれも最後まで楽しむことができました。しかし1つ、初回で断念した作品があります。それは月9の『突然ですが、明日結婚します』でした。この断念した作品は月9史上最悪の視聴率を叩き出し、平均もワーストでした。しかし何がダメだったのか色々分かってたはずです…



一つにあまりにも脆弱なキャストだったことでしょう。噂では視聴率の悪い月9に出ることを拒否した役者さんが連発し、なんとか合意に至ったのが西内まりやさんだったとか…彼女はモデルやCM、歌と多方面で活躍してるとはいえ、全体的に月9らしい華々しさが弱かったのは事実でしょう。演者ありきのドラマも批判されがちとはいえ、今回は始まりから負け戦オーラが強かったです。



そしてお話の浮世離れというか共感のしずらさも大きかったと思います。主人公は総合職として入社したにもかかわらず、突然専業主婦になると宣言するあたりに興ざめ感を覚えずにはいられませんでした。確かに専業主婦に憧れる20代女性は多いようですが、お金がない若者にあふれるこのご時世、非現実的すぎる設定に幅広い共感、すなわち話題のドラマとなるのは厳しかったのでしょう。



あり得ない設定と言えば『逃げ恥』はどうなんだという反論もあるでしょうが、キャリアウーマンの悲哀や就職難、性差、働き方などという問題提起が含まれてた点で『突然ですが~』と大きく違ったと思います。20代で専業主婦を希望する女性が仮に周囲にいたら、男から見ててもやはり地雷臭を感じます。もう「男は外で働き、女は家を守る」という価値観は過ぎ去った概念ですからね…



キャストの弱さ、視聴者に共感されないこの2点は低視聴率ドラマに共通する残念なことでしょうが、個人的にはもう1点、ああ無理と思った点がありましたね(笑)それはこれでもかっ!と押しつけてくるリア充感です。これは僻みなんで分析でもなんでもありません。コネ入社の金持ち坊っちゃんや美男美女ばっかりの職場、会社を離れてもみんなで遊んだりと消化不良を起こす設定でした…



理想と現実の間で脚本を仕上げることは難しいとは思っています。しかし旧時代的な価値観とこんなドラマ作っておけば女は喜ぶだろうという浅さがあのキャストでは覆い尽くすことができなかったと思います。月9は恋愛ものという固定観念から離れ色々挑戦してみるのも必要ではないでしょうか。これは低視聴率にあえぐフジテレビ全体にも言える話だと思います。