水師営の別館

プロ野球・時事評論・就活・身の回りを中心にあれこれ述べるTwitterのスピンオフ的ブログ

民進党に思うこと

安易な起用案が招いた惨禍

一時は幹事長職に内定が決まった山尾議員が不倫疑惑を受け離党届を提出したことには驚きを隠せない。政調会長を任され、若手議員の筆頭格として栄達への道を進みつつあった彼女が今やただの無所属議員になるというのはまさに一寸先は闇を体現する。しかしこの報道が無かったとしても、私は山尾氏を幹事長に起用しようとした考えは安易な発想だったように思う。


当初は「新鮮さ」や「女性登用」という意図があっただろう。しかしまだ2回生議員の彼女に党の「選挙とカネ」の采配を振るう力があったのか疑問符がつく。幹事長に求められるのは自分が脚光を浴びたり、攻撃的であったりすることではなく、候補者を照らし調整能力を発揮することだろう。与党の稲田元防衛相は典型例で、安易なウケ狙いは早々に失敗を招く最大の要因の一つである。


否定するのに離党の謎

遅かれ早かれボロが出ると思っていたがまさかこんな形で出るとはと山尾幹事長案に不満を抱いていた民進党議員も思ったに違いない。過去の自民党議員は不倫を認め、離党したが、今回の件ではそれを否定している。にもかかわらず離党表明とは不思議なものである。「疑惑によって党に迷惑をかけた」ことがその理由だがやはり不思議だ。


W不倫疑惑の当事者は弁護士と元検事である。事実無根なら週刊誌を訴え、彼らを論理的に攻めることも容易なはずであったし、いつもの威勢の良さよろしく国民に主張することも可能だったはずだ。しかしこの度はその疑惑の真偽を見ぬままあっさりと離党を決断してしまった。不誠実なままこれを認め、赤の他人の態度を決め込めば来る補選や総選挙で逆風を新執行部が被ることは必至だろう。


したことは返ってくる

そもそもプライベートな話なのだからこれを問題視すべきでないとの声もある。しかし散々テレビで自民党議員の不倫を責め、働くママの代表として活動してきただけに因果応報と言えよう。甘利氏の秘書の献金問題の時は「秘書の責任は議員の責任」と言ったにもかかわらず、自身の秘書のガソリン問題の時には「知らなかった」で難を逃れた。


またしても自分のしたことが返ってきたとしか言えないお粗末さである。攻撃ばかりに全振りして守りがこの体たらくでは前原執行部は彼女を幹事長にしなくて良かったとしか感じられない。「ブーメラン」という言葉が叫ばれて久しいが、これほど鋭く突き刺さったブーメランはいまだかつて見たことがない。


いつまで立ち直り中なのか民進党

2012年の下野以来、もう5年が経とうとしているがいつまでたっても同じことを反省しようとし、同じことを課題だと思っている成長のなさはいったいどうしたものかと呆れるばかりである。まとまりがないだの、憲法や安全保障で逃げるだの、政権交代のビジョンが見えないだの毎回言われ続けたことへの回答が示せないまま徒に時間を消化した5年は重い。


八方美人で党内では手詰まり、党外ではいつもの反対路線になった蓮舫氏とは違う手腕を発揮することが前原氏の最大の任務であったが船出早々に大破だ。都民Fに期待する離党組や予備軍に対抗する前にこの有り様である。大破した党が今後「流れ解散」になるか「修復」するかは前原代表と当事者たる山尾氏の言動にかかっている。末期的状況への安易な処方箋はない。ただ誠実であるのみだ。